香里ヶ丘院

最先端医療を身近に

北河内地域で初めて日帰り網膜硝子体手術をてがけたこうやま眼科(本院)。
そのこうやま眼科(本院)とのタイアップにより、最先端医療を香里ヶ丘の皆様に提供してまいります。
枚方発、白内障の最先端マシンを導入し患者様の負担の少ない手術を実施。
LASIK、ICL、円錐角膜手術などの屈折矯正手術も対応しております。
当グループの特徴である小児眼科も発展させ、すべての眼科疾患の治療に対応致します。

香里ヶ丘院小児眼科でもっとも多い疾患は斜視と弱視で、専門の視能訓練士が治療にあたります。視能訓練士は本院と同様常勤しており、乳幼児の視力検査や両眼視機能ほか諸検査のための環境が整っています。さらに精密検査が必要な場合は、大阪医科大学付属病院、枚方市民病院にて恩師である菅沢淳准教授と連携し対応させていただいております。
小児眼科でもっとも多い疾患は斜視と弱視であります。
生後6ヶ月以内に発症する乳児内斜視の手術は1歳前後がよいとされています。間欠性外斜視の多くは正常な近見立体視を持っており、また低年齢での手術は効果が持続せず戻りが多いため、斜視角の小さい症例の低年齢での手術はメリットが少ないので、小学校高学年での手術が有効と考えられます。斜視角が大きい場合でも7歳以降に行うことを原則とされています。しかし視線が常にずれている恒常性外斜視は例外で、2〜3歳でも手術を行う場合があります。
調節性内斜視は、遠視が原因の内斜視で、一般的に眼鏡装用で治療が可能です。しかし中には眼鏡装用後も内斜視が残存し、立体視が獲得できない症例もみられます。残存斜視に対してはプリズムの入った眼鏡の装用や、手術を必要とする場合もあります。
弱視の治療は原因を調べ、原因に対する治療を行うとともに、健眼遮閉(アイパッチ)といって視力の良い方の眼を遮閉し、弱視眼を使わせる訓練が最も有効です。原因として多いのは屈折異常(遠視、乱視など)、斜視です。屈折異常の場合は眼鏡の装用も必要です。弱視訓練には有効年齢があり、視力が完成する10歳ごろまでのできるだけ早期が有効です。発見は早ければ早いほうが良いわけですから、遅くても3歳児検診の際にチェックが必要です。

診療時間

診療時間
9:00-12:00
16:00-19:00
  • :診察まで1時間以上待つ場合があります
  • :診察まで30分以上待つ場合があります
  • :比較的すいています
[休診日] 火曜日、土曜午後、日祝祭日
水曜日理事長診察は救急の患者様以外は、完全予約制。
■お断り■
曜日により大変混雑する場合がございます。
十分に時間の余裕を持ってご来院くださいませ。

初診の方

初診の受付時間
午前/9:00-11:30
午後/16:00-18:30
下記問診票に記入しご持参ください。
問診票のダウンロード
今までの治療経過を、おまとめになり来院される事をお勧めします。紹介状、および内科データ・内服中のお薬・糖尿病手帳を、お持ちいただけると幸いです。

ご予約

ご予約・お問い合わせはお電話で
〒573-0084 大阪府枚方市香里ケ丘 6-8

患者さんへのお願い

眼科診察では散瞳検査を行なうことが多く、散瞳後は自動車、バイク、自転車の運転はできません。
公共交通機関を利用してご来院ください。
また検査内容により診察順番が前後する場合や、時間がかかる場合があります。
お時間にゆとりを持ってご来院ください。
当院は高度な手術を提供するための手術専門施設です。コンタクトレンズ眼科ではありません。
治療以外でのコンタクトレンズ処方は積極的に行っておりません。
コンタクトレンズの処方のみをご希望の方は何卒ご遠慮ください。

無料送迎サービス

当院では無料送迎サービスをおこなっております。お気軽にご相談ください。

クレジットカード

手術費用のお支払いはクレジットカードをご利用いただけます。詳しくはお問い合わせください。