黄斑上膜

● 黄斑上膜とは

黄斑上膜とは、網膜の上にできる瘢痕(はんこん)組織の薄い膜または層で、この膜が収縮するためその下の網膜にしわが生じます。 網膜上膜は、一般に50歳以上の人に発生し、75歳以上の人に最も多くみられます。 網膜にしわができる原因または要因としては、以下のものがあります。
● 糖尿病網膜症
● ぶどう膜炎
● 網膜剥離(はくり)
● 眼のけが
しかし、たいていの場合、網膜上膜のはっきりとした原因は特定されません。

● 黄斑上膜の症状

網膜上膜の症状には、かすみ目、物がゆがんで見える(直線が波打って見えるなど)があります。多くの人が、合成樹脂のラップまたはセロハンを通して見ているようだと言います。

● 黄斑上膜の治療

物がかすむ、ゆがんで見えるなどの症状が不快な場合、膜剥離を伴う硝子体切除により、硝子体と網膜上膜を外科的に除去します。この手術は手術室で局所麻酔下に行われ、通常30分程度で終わります。

眼に現れる病気